試験発芽

下記、自然栽培(無施肥無農薬)2015度産玄米 201511月~20164月迄、籾の儘、自然環境(倉庫)保存20165月籾摺りを行い20161220日迄、保冷庫保存(14℃)20161220日発芽試験実施(24時間物の写真)発芽率95%(発芽モード状態を含む)水を切り12時間後 

 

 下記、有機栽培2015度産玄米 201511月~20164月迄、籾の儘、自然環境(倉庫)保存20165月から20168月迄、籾の儘、14℃保冷庫保存 20168月籾摺りを行い玄米にて20161220日まで14℃の保冷庫保存20161220日発芽試験実施(24時間物の写真)発芽率60%(発芽モード状態を含む)水を切り12時間後

 


上記、玄米は、くいがけ100%天日干しにつき玄米に生命力が有り高発芽率で有った。

上記、写真の様に同一試験は行っていないが別実験では人工乾燥玄米の場合は低発芽率で有った。

健康発芽に使用する玄米は、100%くいがけ天日干し玄米が必須で有る。(私見)