詳細ページ

糖尿病・膵臓病特効食


 小豆栄養

サポニン・フィチン酸・ポリフエノール・オリザノール・フルラ酸

フラボノイド・トコトリエノール・アントシニアン・他 

*特に小豆発芽時にフィチン(毒素)がフィチン酸に変異化=有効栄養素化

(ビタミンB5の前駆体)が発芽玄米の3倍、含まれています。
 

*小豆には、多量のサポニンが含まれいるのが特徴です。

 

*これ等の栄養素は小豆発芽のイベントにより活性化します。したがって腎臓の糸珠体・尿細管上皮細胞を活性化させる栄養素です。したがってクレアチニン値を正常にします。(損傷した腎機能を根底から修復します。)多少時間がかかります。

 

*中国では、小豆を薬豆と言っています。漢方薬では、小豆を利尿薬して使用していますが、発芽活性小豆を使用しているのは、私位でしょうか?

 

 栄養効果詳細は下記で検索して下さい。

*例・・・パソコン検索で腎機能活性 サポニンで検索して下さい。

 

商品名 トーコーW  特許出願中・・・特願2013-086931